スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

英国でPS3を楽しみにしているユーザーがXbox360を5%上回る  

未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)

■英国でPS3を楽しみにしているユーザーがXbox360を5%上回る
http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=12916
(ぶんログ)

たった5%の差かぁ。日本では5~6倍以上の人気差があったと記憶してるんですけどね(yahooのアンケートなので信憑性皆無だが)。

ちなみに俺はPS3,Xbox360は余程プレイしてみたいソフトでも出ない限り当分見送る予定。なんていうか…食指が伸びないんだよなぁ。そりゃもうグラフィックは凄いんだろうけど。

「PS3は普通のテレビでは楽しめない?」というインタビューに対し、SCEの久夛良木社長がインタビューで「だからこそ今、みなさんはテレビを買い換える時に来ている」みたいなことを言ってたんだけど、満足な画質が得られるテレビなんて高価だし、そもそも個人部屋向きなサイズが無い気がする。次世代機のためにテレビを買い換える人はマニア層くらいだろうし、「ゲームのためにテレビを買う」というのは本末転倒ではないでしょか?
「それは金が無い人の意見」と言われればそれまでかもしれないけど、せめて後2,3年は現行機のままやっていれば、その頃には随分HDテレビ(ハイビジョンってのとは別なの?)も安くなっていると思うし、現行機にはまだまだ続けられるだけのスペックは備えていると思うのだが。
グラフィックの凄さを除けばリッジ6やDOA4はゲーム的には今までとそれほど変わりないんだろうし、ゲームとして楽しめる一本が出るまではちょい見送りでいいかなー、って思ってる次第であります。

ちなみにレボリューションに関しては全く未知数なので保留。任天堂だけは次世代機という意味の方向性がグラフィック云々ではなく遊び方そのものを指してるだけにPS3,Xbox360と一括りで語るにはちょいと無理がある気がするw

シェア的にはどうなるのかなー。
前回の反省点を踏まえて先行ダッシュすることになったXbox360だけど、やはりソフトラインナップや広告展開から見ても日本では苦しい結果になりそう。Xbox同様、「ゲームは面白いのがそこそこあるのにいかんせん本体が売れてない」というゲーマー向きハードな位置付けで落ち着くと思う。本体名が読みづらいのも若干不利な気がw
気になるのはPS3だね。スクウェア等のマルチプラットホーム化はかなりの痛手だと思うし、PS2の頃の「DVDプレイヤー需要」みたいなものも無いだけに、今まで同様の殿様商売ではコケる可能性が高いと思う。さらにはまだ地盤がしっかりしたメディアとは言えないBlue-Rayディスクは不安要素も多いし、いかんせん昨今のサポート事情を見てもホイホイと手を出していいシロモノとはとても思えない。シェアは取れても赤字分の回収までとなるとかなり苦しい気がします。サードに頼らず、ファーストでどれだけのソフトが作れるかによって大きく左右しそう(例:PSP)。
レボはシェアについても未知数ってことで。コントローラの魅力や、過去の任天堂作品をダウンロードして遊ぶことができるサービスがどれほどのものかわかってからようやく検討に入れる、って感じですかね。

まぁ、俺が次世代機にそれほど熱が無いのはあくまでゲームとしての楽しさを求めてるからなんだけどね。グラフィックは二の次。
故横井軍平氏の名言「枯れた技術の水平思考」、改めて氏はすごいなぁと思う。


ランキング参加中。クリックお願いしますー

[2005/11/12 01:26] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

≪レボリューションはHDサポートなし・DSはデザインを改善 | ホーム | PS2『ソウルキャリバー3』次から次へとバグが…≫

コメント

マンネリ??

こんにちは。
次世代機ですが、なんていうんでしょう。今までのようなワクワク感が全く感じられないんですよ。アーケードでバーチャ2をはじめてみたときの感動とか、プレステやセガサターンが登場したときのような、時代が変わる!といった感じが。

現行機でも十分おなかいっぱいですし、私も次世代機の廉価版が出るくらいまで様子見です。


[2005/11/14 15:33] URL | K人 [ 編集 ] | TOP ▲

マンネリですねぇ

全くもって同意見です。
次世代機のスペック戦争にマンネリを感じていただけに、任天堂岩田社長による基調講演には感銘を受けました。
DSは遊ぶゲームどれもが新鮮に映りますし、レボリューションには期待してる次第です。

>現行機でも十分おなかいっぱい
ですよねぇ。恐らくソフトメーカー側もそう思ってるのではないでしょうか?
PS2ソフトの開発費が平均して9000万円を超えているらしいので、PS3ではもはや中小メーカー殺しになるのかも…。

[2005/11/14 16:25] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lastexile.blog18.fc2.com/tb.php/212-03c28bad

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。