スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

セガサターン版『シェンムー』開発途中動画 

未分類 | トラックバック(1) | コメント(10)

シェンムー1通常版
シェンムー1通常版

■サターン版『シェンムー』開発途中動画
http://video.google.com/videoplay?docid=-2974855159516349841&q=sega
(ukeru.jp)

久々に見たなぁ、これ。元々シェンムーはサターンで開発されてたんですよ。
ちゃんとシェンムー2である香港編まで作ってあったってのに改めて驚き。ここまで作っておいて全て作り直しに入ったんだから凄いよなぁ。そりゃ70億かかるわw DC版に比べて見劣りしてしまうのは仕方ないとしても、サターンで良くここまで作ったなと感心します。

巷では巨額を投じたのに大コケしたソフトの代表格として挙げられているけど、シェンムーは名作ですよホント。部屋の引き出しを開けられたりコタツの上のミカンを持てたりと、ゲームとしては意味なくとも「当たり前のことが当たり前のようにできる」その作り込みは仮想現実を作り出す上で非常に効果的だったと思います。

リアルだったからこそ逆に笑えた要素も多かったけどね。
 起床、イネさんからのお小遣い500円ゲット
 ↓
 ダッシュでガシャポンへ。速攻で全額使う。
 ↓
 港でバイト。朝のフォークリフトレースでレアなガシャポンゲット。
 ↓
 まとまった金が入るので自動販売機でジュース飲みまくり。当たり缶を狙う。
 ↓
 夕方。女子高生のパンチラを拝みにアパートの階段下で待機。
 ↓
 コンビニでお菓子を買いまくり。クジの当たりを狙う。
 ↓
 帰宅。クジで当てたハングオンを居間のテレビで延々とプレイ。
 ↓
 寝る。
「お前、オヤジの敵討ちはどうしたよ?」ってほど自堕落に暮らすこともできたのもまたシェンムーの魅力。
ガシャポンに至っては一個一個ちゃんとカプセルを開けて感想を言うこだわりようだしね。「またか…」「これは…!」なんてセリフ、思い出しただけでも笑ってしまうw

PS2『竜が如く』がシェンムー的とは言われているけど、やっぱシェンムーとは違うんだよねぇ。本体・ソフトともども格安で入手できることだし、まだ未プレイで興味がある人は買ってみるといいかもです。好き嫌いの分かれる作品なので万人にはオススメできないけど・・・。


ランキング参加中。クリックお願いしますー

[2006/01/05 01:02] | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(10)
この記事のURL | TOP ▲

≪MS、『Xbox360用外付けHD DVDドライブ』を年内発売 | ホーム | DS『マリオ&ルイージRPG2』感想≫

コメント

懐かしい映像

この画像ってDC版「シェンムーⅡ」に収録されていたような・・・。

今、北米版Xbox「シェンムーⅡ」をプレイ中ですが、やっぱり英語だとつらい部分がありますね。
でも、英語の吹き替えはよく出来てます。
私のブログでもプレイ日記書いてます。
まだ、ほんの序盤ですが・・・。

[2006/01/05 11:36] URL | アーシャ [ 編集 ] | TOP ▲

うおぉ

サターン版、初めて画面見ましたが、かなりいいじゃないですかコレ!
見た目よりも心意気、というセガっぽさがよくでてますね。このディープフィアーのようなポリゴン処理がなんともいえないです。

シェンムー自体は、あの独特の空気管が好きでもあり嫌いでもありました。
記事にもあるように、ガチャポンしたときの「またか・・・」のときの微妙~な哀愁というか間というか・・・。生活臭が感じすぎるのも考え物だな~と。

龍が如くは、その辺を割り切ってゲームヨリにしてくれたおかげで、ずっと親しみやすくなっている感じがするんですよね。
まあ、その分こじんまりとまとまっている印象もぬぐえませんが。

[2006/01/05 11:51] URL | K人 [ 編集 ] | TOP ▲

>アーシャさん
はじめましてー。ちょくちょくブログ覗かせてもらっています。
いつも「ここの管理人さんは洋ゲーマニア?それとも海外在住?」なんて思ってたりw

この動画はシェンムーIIのディスク4に収録されているものですね。初めて見たときはとても驚きました。
北米版シェンムーII英語吹き替えは聞いてみたいです。日本で発売されたUS Shenmueをまだ持ってないので買ってみるとしましょうかね。

[2006/01/05 19:08] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

>K人さん
サターン版も製品化されてもおかしくない位出来上がってるんですよね。
DCのキラーソフトとなるべく作り直しを命じられたのか、鈴木裕の気まぐれかはわかりませんがつくづく勿体無いと思ってしまいます。

>あの独特の空気感が好きでもあり嫌いでもありました。
わかりますわかります。ですが、そのどっちつかずの空気感がまたシェンムーの魅力なんです!…なんて思う僕はどう考えてもシェンムー狂w

竜が如くはゲームに必要なものだけ(バッティングセンターなどもありますが)を作りこんでいるのでストーリー主導のアクションアドベンチャーとしては正解だと思いますよ。
…まぁ、シェンムーみたく通行人全てと話すことのできる竜如もやってみたくはありますがw

[2006/01/05 19:24] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

おぉぉぉ、うちのMacで見ると、バッファリングの後止まってしまう…。しかも、その後ネットが出来なくなる症状に…。
ということで、サターン版開発画像が見れず仕舞いで寂しいですが、シェンムー1、途中までやりました。たまに夢にあの町並みが出て来てびびります。
かなりリアルなために、目線が一定だったりする一般人が不気味で、凄いインパクトでした。生還スレで知った「不気味の谷」というのを思い出しました。ちょっと違うかな…。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051212201.html
でも、あの作り込みの頑張りに惚れてました。龍、やってみようかしら。いや金が。そこを何とか。いや金が。

[2006/01/06 00:58] URL | murui [ 編集 ] | TOP ▲

>muruiさん
あれ、MacやLinuxにも対応してるはずなんですけどね。ブラウザの問題…?
サターン版の涼はルーマニア#203のネジに似ているので見る機会がありましたら要チェックですw

不気味の谷は僕も読みました。DOA4も「変にリアルになったせいでよりマネキンに見える」って声が多いようですし、リアルを追求する余りリアルに見えなくなるなんて皮肉なもんですね。シェンムーは演出面でもリアルさを追求することでそうした弊害を緩和させてるようにも思えます。

龍は今プレイ中ですがやってみる価値は十分にありますよ。でも、まあ、お金、僕も、今月末~3月まで、うう…

[2006/01/06 04:37] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

勝手に相互

>アーシャさん
うちのブログをリンク登録していただいてるようなので相互リンクさせてもらいました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

[2006/01/06 04:39] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

Safariというブラウザの問題はかなり濃厚です。あのサイトが悪いわけではないですぞ、ここをご覧の皆さん!誤解のなきよう。

[2006/01/06 19:32] URL | murui [ 編集 ] | TOP ▲

Macには詳しくないのですが、Mac版のIE(開発終了したんでしたっけ?)で表示できませんかね?

Macかぁ…イイナァ。

[2006/01/07 05:20] URL | mappi [ 編集 ] | TOP ▲

相互リンクかたじけない

すいませーん。
挨拶無しで書き込んでしまって・・・m(_ _)m

相互リンクありがとうございます。
在住は、国内ですよ。かなりの田舎。
今年もバシバシ「洋ゲー」紹介していきます。
よろしくお願いします。

[2006/01/07 09:57] URL | アーシャ [ 編集 ] | TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lastexile.blog18.fc2.com/tb.php/286-9b0ab41a

≪中古本体≫セガサターン本体 グレー色【

機種 SSメーカー セガ ジャンルセガサターン専用備考 「本体のみ」で本体の色は、白色です。ケーブル類は一切付いておりません。ご注意下さい!クリーニング、点検済みですので、ご安心くださいませ。※イタミや色あせのある物になります。・ 本体にセーブ。・アマゾンで買う

[2007/08/16 08:20] | URL | セガサターンがたくさんあります | TOP ▲

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。