スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲

まだ生きてた『ゲーム脳理論』 

未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)

■ゲイムマンが世田谷のゲーム脳講演会に行ってきた
http://plusdblog.itmedia.co.jp/gameman/2006/03/post_edcd.html
(名前のない部屋)

ゲイムマンこと府元晶氏が、「ゲーム脳」でお馴染み森昭雄教授の講演会に参加。そのときの模様が掲載されています。
・森教授を批判する人は全員、「ゲーム会社と何らかのつながりがある」ことになってるらしい。
「サンデー毎日」で、京都大学の櫻井教授が、森教授の胡散臭さを指摘したことに対しても、「京大はゲーム会社から70億もらってますから、本当に言いたいことは言えないんでしょう」

・「少年犯罪が増えてない」ことを指摘されたのに対し、森教授の回答は、
私は日本人です。日本のこどもたちが壊れていくのを黙って見過ごせますか?

・それ聞いた聴衆が拍手喝采
いまだにこんなトンデモ論に賛同する輩がいることに素直に驚き。森教授からしてそうだけど、「ゲームは悪」と結果ありきでモノを考えていそうなのがなんともかんとも。全てをゲームのせいにできれば楽になれると思っている親が多数参加しているだろうから安易に批判は出来ないんだけどね…

「批判するに足りる根拠はあるのか?」と言われたら嫌なのでとりあえず確実なソースを。森教授が挙げるデータがいかに稚拙なものかがよくわかります。
■ゲーム脳問題最終報告(Googleキャッシュです)
http://64.233.179.104/search?q=cache:NB1GqQf05kIJ:blog.drecom.jp/scheisse/archive/91+%E6%A3%AE+%E8%AB%96%E6%96%87&hl=ja&ct=clnk&cd=3&lr=lang_ja

そして、現役精神科医の斎藤環氏もトンデモ以下のシロモノだと痛烈に批判。
■斎藤環氏に聞く ゲーム脳の恐怖1
http://www.tv-game.com/column/clbr05/index.htm
斎藤 (中略)何度も言いますが、脳波というのは目を閉じたり開いたりするだけで、切り替わる程度のものなんですよ。だから全然そんな大したものじゃないっていうことを、残念ながらこの人は、ご存じなかったということですね。

――そこが崩れると、この本全体が……

斎藤 全体がおかしいんです、はい。論理がどうこうなんてそんな、この人のために頭を使って批判してあげる必要なんかないんですよ。

――(笑)

斎藤 それ以前に、知識自体が間違ってるんですから。山本弘さんもすごく緻密に反論していらっしゃいましたけれども、その頭脳がもったいないです。こんなものに頭を使うよりは、別の本に使っていただきたいくらいです。
森教授もこれらの意見に対しきちんと反論すればいいのにねぇ。批判する人は皆ゲーム会社と繋がりがある、なんて短絡的な考えはそれこそ「ゲーム脳」と言えるのでは?w

(チラシ裏)
でもまぁ、ゲーム脳云々の話は別にして、ゲームはまったく無害かと言うとそうでもないとは思うけど。子供が嬉々としてバイオやGTA、ポスタルなんかで遊んでいるのはさすがにどうかと思います。CEROの年齢制限なんてあって無いようなものだしね。
家庭用・パソコン用問わず、バイオレンスやグロ系志向のゲームが増えてる昨今に多少なりとも不安を感じている次第。

■関連
「ゲーム脳」関連記事
http://allabout.co.jp/game/gamenews/closeup/CU20030430A/
(All about)

ランキング参加中。クリックお願いしますー

[2006/03/08 21:18] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲

≪「ポーション」飲んでみますた | ホーム | DS『聖剣伝説DS』プレイ中≫

コメント

何なんでしょうね、森さんはゲームによほど嫌な思い出でもあるんでしょうかね…。

[2006/03/08 22:33] URL | murui [ 編集 ] | TOP ▲

驚きというか、私にとっては怒り

正直、このゲーム脳ほどゲーム業界でバカな騒動はないですよ、ホント。
批判するのもバカけてる、とは言われますが、
現に今でもこうしてゲーム脳の存在を肯定している人間がいるのも事実なので、
私のブログでもボロクソ言ってやったことがあります。
(かなり古い記事ですがw)

気にくわないゲーム脳↓
http://blog.goo.ne.jp/partygame/e/9e6bc40406a0f0aced7d62745b5e4a09

続・気にくわないゲーム脳↓
http://blog.goo.ne.jp/partygame/e/87d48893ce4141d71ca540d4ae8b7728

私自身、そのゲーム脳について記された本などは読んだことないんですが、
みなさんの指摘が全てを物語っています。
ただでさえ世間的にはどちらかというと
ゲームは冷たい目で見られている存在(DSは例外ですが)なのに、
ゲームを知らない人にこう言えば、
もっと印象が悪くなります。
もう名誉毀損といってもいいくらいのこの行為。
私的に言うと、ちゃんとしっかり法的に罰してもらわないと、
ゲーム脳を信じている人間があまりにかわいそうです。
確かにくだらないと思いますが、
そのくだらない行為のおかげで
未だにこんなことになっているのもまた事実。
もうちょっと真剣に考えて欲しいです。
もちろん森教授もね。

ゲームはまったく無害かと言うとそうでもないとは思う>>
確かに。私の「続・~ゲーム脳」でも言ってますが、
やりすぎで死亡だの、
残虐シーンを真似して殺害だのあります。
しかしながらそれって自分や親とかがが何とかするべきではないでしょうか?
これは明らかに精神的問題です。
「ゲームは仮想の元に生まれた存在」
という根本すらも忘れている愚かな人間が、
こんな行為に走り、
そしてそれは全てゲームのせいだと言うことが非常に多いです。
ゲームのやりすぎというのも結局は自己管理の問題。
反論しているようで申し訳ないですが、
ゲームがきっかけで犯罪が起きたとしたら、
それはゲームのせいではなくて
100%その人間のせいに決まってるじゃないですか。
例えば、親子関係がこじれて子が親を殺害したという事件があったとしますと、
それを見ている人は、こうならないようにしよう、と思うわけです。当然ですが。
ゲームに関する事件も同じことじゃないんですか?
でも、ゲーム=遊ぶとか目を悪くするとか。
だからイメージを悪く捉えてしまうんです。

ハッキリ言って精神の面ですごく弱くなっている人間が多くなってきているこの現状。
それこそなんとかしなければいけないのではないか、と私は思います。

ブログが1つ作れそうなくらいの長文、
失礼いたしましたw

[2006/03/09 18:32] URL | partygame [ 編集 ] | TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lastexile.blog18.fc2.com/tb.php/334-64030d62

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。